〖SKE48劇場〗12月12日「最終ベルが鳴る」公演


SKE48劇場 観覧日記

 

 

地元がめっちゃ寒く、厚着して来たのに思ったより暖かくて失敗しました。

 

SKE48劇場に行ってきました。

有観客公演になってから初めて応募したのに、いきなり当たってしまってなにか申し訳ない気持ちです。

 

チームKⅡ「最終ベルが鳴る」公演 

 

いやぁ、「まさか当たるとは」というのが一番。しかもチームKⅡ。

KⅡといえば、入ったのが確か「ラムネの飲み方」公演がラストだったような気がします。

最終ベルが鳴るは初めて入りました(HKT48では入った事はあります)。

感想は、やっぱりすごかった。生で公演が観れるのはうれしい。8人公演でしかも9期生が4人。正直どんなものになるのかファンとしては少し心配でした。

 

開演前

 

とにかく、入場までがいままでと違うので、スタッフさんにたずねながらでした。

まず、入り口に問診票があるので記入します。それを渡してから検温、手をアルコール消毒。

次にインフォメーションにて電子チケットを表示し、チェックしてもらいます。その時に、マスク・フェイスシールドが入った袋と座席番号が印刷された紙が渡されます。

マスクは入ってましたが、自前のマスクで大丈夫でした。帽子をかぶって行ったのですが、フェイスシールドをすると邪魔でかぶれなかったですwww。

後は、場内かららせん階段まで、足元に張られた待機場所シールに沿って並んで待機するだけです(間隔は空けられています)。

以前の待機状態を思うと、かなり楽に待てました。金属探知機検査はこの時におこなわれます。

そして入場、着席します。ちなみに私は上手中ほどの席でした。

 

開演

 

出演メンバー:青木詩織・入内嶋涼・太田彩夏・岡本彩夏・川嶋美晴・北野瑠華・藤本冬香・水野愛理

影アナ:岡本彩夏

 

overtureが流れるといままでと同じ。ドキドキが止まらない!

コールしたいけど、そこはガマン。声出し禁止。手拍子とサイリウムで応援しました。

やっぱりいい!劇場はいい!

心配は必要なかったですね。

安定の6期生、つづいて7D2、そして9期生。まだ数回しか出演していないから、ぎこちない動きの時もあったけど、みんないいパフォーマンスでした。

期待を裏切らないSKE48。凄い!特に目を奪われたのは岡本彩夏(あーーや)さん。曲のイメージに合わせた表情、正確で大きく魅せるダンス、ほんとに9期生?

推しより目が行ったのはナイショです(#^.^#)

公演内容はぜひDMM配信で観ていただきたいと思います。

 

終演

 

お見送りはしてくれます。ただし、いままでみたいにメンバーが舞台最前に待っていてくれません。どちらかと言えば舞台の奥の方に並んでくれています。

どちらも声はかけられないので、手を振るだけになります。スケッチブックをもってくればよかった。

そして出口でとって出し写真をもらっておわりです。

写真やお水の販売もおこなわれていました。

 

2本買いましたが、「ゆうゆ」と「ゆっち」でした。

 

約1年ぶりの劇場公演。いろいろ大変なこともありますが、ようやくここまで戻ったのですから、これ以上悪くならないように願うだけですね。

また行きたいと思います。

 

それではまた(●´ω`●)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です