〖DMM〗江籠裕奈生誕祭 in SKE48劇場


4月16日 江籠裕奈生誕祭

 

4月末にSKE48を去る高柳明音さんが1年半ぶりに、そして「最終ベルが鳴る」公演として最後の出演となります。

 

 

進行:水野愛理

お手紙

高柳明音より

江籠さんへ。21歳のお誕生日おめでとう。

本来なら私は1年前に卒業していて、この場にいなかったはずの人間で、江籠さんにこうやって手紙を書いているのは不思議なんだけど、こうやってお手紙で言葉を伝えるのはいつぶりなのかなと調べてみたら、2016年の江籠さんの生誕祭の時に書いたのがおそらく最後だと思います。

なので5年ぶりのお手紙になるのかな。普段言葉にして思いを伝えるのがへたくそな私なので、これを機に伝えられていなかった事いろいろ正直に話しますね。

まず、最近本当によく頑張ってるね。めちゃくちゃ褒めてあげなきゃってずっと思ってました。

目標だったソロコンサート。自信が無かった歌も堂々と一人で歌えるようになっていたし、どんなMCやお仕事を任されても大丈夫!ってくらい安定感まで出てきちゃって、知らぬ間に成長していた姿を最近度々目の当たりにして素直に凄いなって思っています。

そんな江籠さんを見て、嬉しいって気持ちとちょっと寂しいっていう気持ちがあります。

一時は、私がいなくなってしまったらこの子はどうなってしまうんだろうと、本気で心配していた時期がありました。

2年くらい前かな、いろんな事が重なって、潰れてしまいそうになっている姿をそばで見ていて、こんなにボロボロな心で、これ以上SKEを頑張らせる事が正解なのだろうかと、私もとても悩む事がありました。

私が卒業を決める前に、”私卒業決めました”って言ってきた事もあったね。だけどもう一度頑張るって決めてからは、少しずつアイドルを続けていく上での覚悟みたいなものを感じるようになりました。

それから少しずつ私だけに頼るんじゃなくて、いろんなメンバーに話を聞いてもらったり、仲間や味方が沢山いるって事にちゃんと気が付いてから、またSKEでの活動を楽しんでいる姿を見るようになってほっとしていました。

そんな子離れみたいな感覚に、自分は親みたいなものになっているような気持になっていたんです。

だけど私の卒業コンサートが延期になって、私がSKE48から卒業できていないのに、本来なら卒業していたからと、参加できないお仕事も多かったりして、SKE48での活動はほぼゼロ。

みんなに会うこともほとんどなくて、自分はこのままSKE48のメンバーとしていていいんだろうかとか、ほんとに卒業コンサートができるのだろうかとか一人で悩む時期がありました。

そんな時にずっと欠かさず連絡をくれたのが江籠さんでした。

夜になると声が聴きたくてとか寝れなくてとか電話してきてくれてほんとはとっても嬉しかったよ。

私は変なところで恥ずかしくて素直になれなかったりして、自分から電話を掛ける事はほとんどなかったけど、いつも私の言う寂しかったり眠れなったりしたらいつでも連絡してね、電話もいつでも掛けていいよって言葉は、本当はしてくれたら嬉しいし、私と話したいって思ってくれている事が嬉しいから言っていました。

本当に不器用でごめんなさい。コンサートのリハが始まって私がSKE48に戻ってくる時、いつも決まって明日やっと会える、楽しみとか直球ストレートな言葉をいつもくれるから私はいつも安心してSKEに帰ってくる事ができました。

自分がSKEで活動できない間も、まだここにいていいんだって思わせてくれたのは江籠さんの存在がとても大きかったです。

本当にありがとう。これが私が卒業する前にちゃんと伝えておきたかった事です。ありがとうで一杯です。

私に心配かけないようにって頑張る姿も見てきたけどきっと私も心配されないようにずっと強がっていたんだと思います。

我ながらなかなか素直になれず、自分でも嫌になるこんな私だけど、これから先もずっと一緒にいてくれたら嬉しいです。

まだまだ伝えたりない事もありますがこれ以上は私のライフがもたないのでこの辺にしておきます。

それでは最後に、江籠裕奈はファンが応援してて幸せになれるアイドルだと思う。そしていろんな子が目指したくなるようなそんなアイドルだと思う。

胸を張って自分のアイドルを貫いて下さい。そしてなによりアイドルを、SKE48を楽しんで下さい。

いつかやり切った時には、前私にくれた手紙に書いてくれてた約束、ちゃんと果たしに来るからね。それまで精一杯アイドルしてね。ずっと見守っています。

何かあったら連絡して下さい。どこにいても飛んで行きます。これからも一番の味方だよ。高柳明音より。

 

江籠裕奈のコメント

去年は20歳の記念、ある意味節目の年だったんですけど、厳しい状況の中で生誕祭もなかったし、なかなかアイドルとして活動ができなくなってしまって、

大事な一年無駄にしちゃってるんじゃないかなってけっこう悩む事が沢山あったんですけど、ずっと夢だったソロ公演も20歳の内にできたらいいなと思って掲げた目標だったんですけど、きっと無理だろうなって。

公演もなかなかできない状況だったので正直諦めていたんですけど、3月13日にボトムラインに一人で立つことができてほんとに夢のような時間で。

私が一人でステージに立ちたいって思うようになったきっかけはSKEに入って大人数のグループで活動していく中で、自分の特技とか趣味とか得意な事を生かしてお仕事を掴んでいくメンバーが多い中やっぱりアイドルとしていろいろ熟す事はできるようになっても、

なかなか外で活躍する姿見ないよねとか言われるのが一時期悩みだったこともあったんですけど、いつからか私はアイドルを何か一つの通過点としてやっているわけじゃなくて、

常に今を一生懸命に生きてるしSKEが好きだ、アイドルが好きだっていう気持ちだけでここまで走ってきた事に気が付いて、自分のやりたい事ってアイドルだなと思ったので、一人でステージに立って沢山の方を幸せにできたらいいなと思ってソロライブを目標に掲げてました。

でもやっぱりなかなかうまくいかない事も沢山あったし、さっきちゅりさんも手紙に書いてくれたように一時期ほんとにもうSKEでできる事はないなと思って卒業を決めてた時期もあったんですけど、

アイドル10年目になるんですけど、こんだけ長い時間が経っても新しく見つけてくれる人が沢山いて、まだ好きでいてくれる人が沢山いて、久しぶりに会いに来たよって戻ってきてくれる人がいて、

自分はSKEだから楽しくこれたし、まだSKEでできる事があるんじゃないかなと思って、それだけを信じてやってきたんですけど、

最近は、研究生公演の楽曲を決めてほしいってお話を頂いたりとか、SKEが外でやるライブの感想を聞かせて欲しいから見に来てほしいとスタッフさんに頼まれたりとか、

アイドルとしての自分を必要とされてるんだなと実感できて、すごく楽しいしやりがいを感じてます。

なかなか芽が出ず皆さんに心配かけたりとか、幸せにできなかった瞬間も、もしかしたらあるかもしれないけど、最近一人でステージに立ったりとかいろんなところでお仕事する度に、やっぱすごいねとか他のファンの人から言ってもらえる度に、みんなが誇らし気にしてるのが私も嬉しいので、これからも自慢の推しでいられるようなアイドルでいたいなと思います。

制限がある中なので配信で観てくれている人も沢山いると思うんですけどいつもほんとに会えなくてもちゃんと気持ちは届いているし、前回やったソロライブも評判が良かったので絶対次に繋がってると思う。だからまた会いに来てくれたら嬉しいなと思います。

21歳の目標は自分の夢である一人でもファンの人を幸せにするっていうのを叶えるために、ソロライブをまたやりたいし、いつかはこの劇場で一人で立ってみたいし、

10周年イヤーなので、10年頑張ってきたなと思える年にしたいし、今まで支えてきてくれた人に感謝の気持ちを特に伝えたい年でもあるので、まずは11月の10周年に向けて突っ走れたらなと思います。

そばにいてくれたちゅりさんとかが卒業されてしまったり。あっ、卒業されてなかったまだ。

これから卒業されてしまったりとか、すごく心細いなって時もあるけど、そんな気持ちも吹き飛ばしてくれるくらい味方でいてくれるファンの人がいて、笑わせてくれるメンバーがいてほんとに今幸せなのでもうちょっとアイドル続けようと思います。

小学生で入ったので、昔に比べたらできる事ももちろん増えたんですけど、昔に戻れないなって思える瞬間も沢山あって、だからこそ今を楽しみたいし、常に誰かの見本でいれるようなアイドルになりたいです。

会える機会も少なくなっちゃたから私から皆さん一人一人にありがとうを伝える事が当たり前じゃなくなったから、私も感謝の気持ちが伝わっているかすごく不安だけど、皆のおかげでここに立っていられるので、これからも幸せにいて下さい私を。

で、一緒に幸せになりましょう。元気に健康に頑張ります。今日はありがとうございました。

 

 

 

卒業決めてたのって、やっぱりなるちゃんが卒業したあのころなのかな。慕ってくれる後輩も沢山いるので、楽しく活動していってほしいです。

それにしてもきなちゃん(天使が飼っている天使)がかわいい。

 

それではまた(●´ω`●)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です