熊崎晴香生誕祭2021 in SKE48劇場


10月13日熊崎晴香生誕祭

出演メンバー: 井田玲音名・鎌田菜月・熊崎晴香・倉島杏実・佐藤佳穂・菅原茉椰・田辺美月・谷真理佳

進行:井田玲音名

お手紙

チームKⅡ 日高優月より

お手紙読み手:鎌田菜月

 

ディア マイ ザク。お誕生日おめでとう。

生誕祭が延期になって泣いちゃう愛おしさに満点のくま。

時間は経ってしまったけど良かったね。本当におめでとう。

以前番組の方でお手紙を書かせていただいたのに、今年のお誕生日のお手紙まで書かせていただいて、なんかまるでファンの皆さんは私がくまのことを大好きで仲がいいみたいに思われてるみたいですが、まぁその通りだと思うのでありがたく書かせていただきます。

今年で9回目?のお祝いになりますが、今年もお祝いできて嬉しいです。

もう24なんだね。早いね。

毎日必死に過ごしていると9年もあっという間だね。だからつまり友達歴も9年ってことか。

本当に良い友達持ちました、私は。仲良くしてくれてありがとね。

仲良すぎてなのか、目が腫れる日、腫れる方の目まで毎回同じになるのは勘弁ですけど。特に花粉はね、うちらの大敵ですね。キャイーン。

さて、少し真面目な話をすると私の願いというか希望というか夢なんですけどね。

周りや他を考えたり、人が良すぎることもあってなかなか言い辛かったりもあると思うけど、私はくまがセンターに立って歌ってる姿を見たいと思っています。

ただでさえ、今でさえ自慢の親友なんだけど、この魅力をもっと多くの人にもっと広く伝わってほしいと本気で思ってる。

もっと大きくなって、もっと自慢させてくれ。「この子、私の仲間だよ。同期だよ。親友だよ」って。それくらいになれる人。

くまがほめられたりしてるのが一番嬉しい。「でしょ?」って思うもん。

ただ同い年、同期だからだけじゃなく、そんなこと関係なく応援してる。私が尊敬してる人だし、憧れでもあるから。

まっすぐに突き進んで、何かあれば背中を押すし、隣にいる、味方でいる。

ほんとひたすら純粋で、熱い気持ちを持ち続けてる。

くまを推してるファンの方達は幸せだね。

そんな方たちに応援してもらえるくまも幸せだね。

お互いの関係性も素敵だと思うよ。

これからも信じあって、仲良しでいてね。

最近はあんまりできてないけど、またいつもみたいにふざけたり、好きなもので盛り上がったり、美味しいものを食べたりしよう。一緒にいる時間が本当に楽しくて大好き。

本当に本当にお誕生日おめでとう。この先もずっとお祝いさせてね。

ずっと友達、 親友。

チームKII 日高優月より

 

本人のコメント

まずはほんとにこんな素敵な生誕祭を開いてくださったみなさん、画面から見てくださっているファンのみなさん、ほんとに応援してくださっているすべてのみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

そしてメンバーのみんなも色々覚えてくださって、色々あったと思うんですけれど、こうやって付き合ってくださりありがとうございます。ありがとうございます。

あのー、ほんとにこの日を待ち望んできて。最初の自己紹介でも話したと思うんですけれども、もうこの時期はほんとにしょうがないことなので誰が悪いとかそういうのはなく、けどやっぱりファンのみなさんにはすごく残念な気持ちを、ちょっとがっかりさせてしまったかなっていう、ほんと申し訳ない気持ちでいっぱいで。

スタッフのみなさんも一生懸命こうやって準備してくださったり、ディスプレイも前回、お花だから生物だからこうやってせっかくだからって言ってステージ上にこうやって置いてくださったりと色々配慮してくださって、本当にたくさんの愛に触れられた瞬間だなって思います。

ファンのみなさんも今こうして応援しに来てくださって、画面越しからも「くまちゃん頑張ってね」ってコメントをたくさんくださり、ほんとに幸せ者だなと実感しました。

そうですね、この2年越しということで2年間色々なことがありました。

やっぱりファンのみなさんと会えなくなるっていうのはやっぱ当たり前にこうやって劇場公演に来てくださってることとか当たり前じゃなかったんだなって、あらためてその時に感じて。

やっぱり1日1日こうやってファンのみなさんと会える機会とか繋がれる機会って大切なんだなって実感できたし、離れていてすごく不安にもなりました。あー、心が離れていっちゃうんじゃないかなって心配にもなりました。

けどそれでもたくさんの方がSNSでコメントで「離れていても気持ちは繋がってるよ」って声をかけてくださったことがすごく心強かったです。

みんなをもっともっと幸せにしようって、その時もっともっと強く思えました。

そうですね、その会えなかった機会色々寂しいこともあったんですけれど、嬉しいこともありました。お仕事がたくさんほんとにできて、充実していて。

まずやっぱり花冠にもあるようにお馬さん? 競馬ですね。競馬のお仕事をすごく充実させていただいていまして。

東スポ競馬さんのほうで大きいポスターにしてもらえたりとか、コラムをこうやって長年続けさせていただけたりとかほんとにそれはすごく嬉しくて。

それをきっかけに私のこと知ってくれた方とかSKEに興味を持ってくださった方とかもいてすごい「あっ、やって良かったなー、もう嬉しいなー」ってすごく思いました。

他にもOKB5に選んでいただいたりとか、広告とか本当にいっぱい出させてもらって。

ずっと大好きだって言ってたお茶の綾鷹さんのキャンペーンとかにも参加させていただいたりとか、めちゃくちゃほんとに「えー!?」ってビックリするようなことがいっぱいありまして。

それを報告するたびにファンのみなさんも「えっ! 嬉しい!」ってって自分のことのように喜んでくださる姿がめちゃくちゃ嬉しかったです。

はい、そして新曲とかもそうなんですけれど、「ソーユートコあるよね?」からフロントにも立たせていただくことができて。

念願のフロントで、もう知った時はめっちゃくちゃ嬉しかったです。

もう、なんですかね、まさかほんとに、当日? 本番に撮影の時に教えてもらったので、まさか自分がここに立てることができるなんてって嬉しかったし、ファンのみなさんとかももちろんなんですけれど、ちょっとSKEから離れたファンの方とかも「えっ? くまちゃんがここに立ってる」ってってビックリしてもらえたこともちょっと嬉しかったりもしました。

けど本当に本当にこの2年間充実していて、お仕事すごく嬉しいなって。

けどこうやってやらせていただけてるのはファンのみなさんがずっとこうやってそばにいて応援してくださったからこそだと思うので、本当に1つ1つ感謝の気持ちを忘れずこれからも頑張っていきたいなと思います。

そしてまた。長く喋っちゃってる、大丈夫かな? いいかな?

大学も卒業しました。

ありがとうございます。ありがとうございます。

そうなんです、みなさんにご心配をおかけしまして。「くまちゃん卒業できるのかな?」って言ってみんなをね、不安にさせてしまったんですけど、無事に卒業ができました。

はい、ほんとに、あの、このアイドルという世界に長年いさせてもらって、大学を行くことによって同じ歳の子達がすごい頑張ってる姿を見てすごく刺激をもらえたし、先生方とかにすごい恵まれて。

先生がとにかく私のこの活動を応援してくださって、ねぇ、SKE48のゲームとか一生懸命ゼミ生のみんなに掛け合って「くまちゃんに投票してね!」みたいな。

それぐらい、そう、で、ブログとか「もっとしっかり書きな!」とか「文章ここおかしいよ」とか本当にそこまでめちゃくちゃ面倒見てくれて、すごい愛を感じるんですけれど、友達もほんとにこの活動を応援してくれて、テレビとかに出ると「嬉しい!」って言って連絡くれたりとか、この前、R4Gさんのファッションのデザイン?のお仕事させていただいた時も「買ったよ!」って言って連絡が来たりとか、本当にたくさんの愛に包まれてすごく幸せな時間でした。

スタッフさんにも迷惑かけたと思うし、家族にももちろん迷惑かけたんですけれど、その分こうやって卒業して、このSKE48一本でこれからは頑張るって決めているので、たくさんの方に恩返しができるように活躍していきたいなと思います。

はい、ということで、24歳になりました。

24歳。もう24歳、すごい。15歳だったんですけど、入った当時は。もう6期生でも今年で9年目? 9周年だよね? 来年10周年になる。10周年何かやりたいね、6期生。それも目標です。

あっ、ありがとうございます。ありがとうございます。

24歳は色々やりたいことがあって。

まずはこの前の13周年のことなんですけど、ここでステージで立って踊らせていただいたんですけど、その時にSKE48にとってすごい、すごい幸せな重大発表続いたじゃないですか。

で、個人的にも本当に嬉しい重大発表があって心が幸せに満ちたんですけれども、あふれたんですけど、そこにいてくださった自分のファンのみなさんが私のほうを見て、「くまちゃんはまだかな?」みたいな、そういう目線を感じたんです。勝手かもしれないんですけれど。

自分もなんかだんだん、だんだん、「あっ、ないよね」って思いながらもちょっとがっかりした気持ちがあって。

いつか、24歳は「ドドン! 熊崎晴香〇〇」っていう重大発表をしてもらいたいという目標を持って行きたいなと思っています。

はい、やっぱあの、ね、憧れるなって思うので、その○○っていうのを色々考えたんですけど、何がしたいのかなって思って。

けど私ってすごい欲張りだから考えたら考えただけあふれてきちゃって。

なのでちょっとここで24歳、夢を語らせていただきたいと思います。

はい、いっぱいなんか、すごい、「こんな多いの?」とか「もっと絞れよ」とか「えっ、 叶えられないんじゃない?」と思われるかもしれないんですけれど、温かい目で見守っていてくださると嬉しいです。

まずソロコンサート憧れます、やりたいです。

この前、先輩方も発表あったと思うんですけれど、やっぱり歌って踊ってる姿を見てくまちゃんのことを好きになったよって言ってくださる方がいっぱいいるので、だから私もやりたいって思いました。

他にも、んーー、レギュラー番組とかラジオとかも狙っていきたいです。

めっちゃなんかごめん、ほんとに入りたての子みたいな感じであーだこーだ言ってるんですけど、けどやりたいんです。

あとは演技もやってみたいです。演技はSKE48に入る前からの目標だったので、ぜひやらせてください。

そうですね、他にもまた広告とかにもいっぱい出たいなって思うし、競馬のお仕事ももっともっと色んな、今は難しいかもしれないんですけれど、予想会とか色んなイベントに出たり色んな番組に出たりとかしたいなってすごく思います。

そのためにはもっともっと的中率上げて頑張りたいと思います。みなさんも笑顔に、はい、したいと思います。

そうですね、他にも、そうだな、昨日なんかいっぱい考えてて、いっぱい出たんですけど、何だろうな。

んーー、けど、そうだな、これだけにしとこう。

なんか、なんだろう、いっぱい、とにかくお仕事がしたいんです。何でもやります。

何でかって言うと、やっぱり何かを、こうやってお仕事ができるとファンの方が一番笑顔になってくれるんですよ。「わー 嬉しい」って、「くまちゃんがこういう仕事をやれるようになったんだ」とか「出るんだ」とか、そういう顔を見たいんですよ、いっぱい。

いっぱい皆を幸せにしたいので、今年24歳はもう「重大発表! 熊崎晴香は○○」って出るぐらいの活躍をできるよう頑張りたいと思います。

はい、そして、あの…みなさん気になってると思うんですけれども、センターになりたいというこの気持ちは私がアイドルでいる以上ずっと持ち続けたいと思います。はい。

この気持ちをずっとずっと大切に、初心の気持ちを大切にこれからも向上心を持って元気に活動したいと思いますので、24歳の熊崎晴香の応援、ぜひよろしくお願いします。

 

 

くまちゃんお誕生日おめでとう。

まだ研究生だった時に、「中学生だよね?」と言って、キラキラした笑顔で「ちがいまふお」と、既に滑舌がやばかったくまちゃん。

センター目指してこれからも頑張ってほしいと思います。

 

それではまた(●´ω`●)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です