大場美奈生誕祭2022 in SKE48劇場


1月8日以降、劇場でのイベント・公演が中止となり生誕祭も一旦延期となっていましたが、メンバー数が8名ではありますがトークショー形式で実施しています。

 

4月10日大場美奈生誕セレモニー

 

出演メンバー:青木詩織・青木莉樺・太田彩夏・大場美奈・北野瑠華・日高優月・川嶋美晴・水野愛理

 

大場美奈ソロ歌唱:「Nice to meet you!」

 

進行:青木詩織

お手紙

チームKll 北野瑠華より

 

るんるんへ、30歳の誕生日おめでとう。

るんるんのアイドル最後の生誕祭だというのに、お手紙を私に任せるなんてるんるんのファンの方、完全にミスってます。

瑠華はそんなにお手紙が書けないし、たぶん泣いちゃいます。でも頑張って書きました。でも泣いちゃったらごめんなさい。

卒業コンサートも無事に終わって、SKEで過ごせるるんるんとの時間が残り少なくなってきました。

卒業したからって会えなくなるわけじゃないし、きっとこれからも変わらずみんなでご飯行ったり遊びに行ったりするんだろうけど、とにかく今はすごく寂しいです。

チーム4として岐阜に来てくれた時はるんるんの事をテレビで見るアイドルだとしか思っていなかったけど、今では大好きなお友達、そして心から尊敬する先輩です。

個人仕事で忙しい時もチームのことを考えて動いてくれたり、悩んだり辛い思いをした時は一番の味方でいてくれて、私たちに何かを伝えてくれる時は誰も傷つけないけど一つ一つの言葉に重みがあって、心を動かすような言葉をかけてくれて、夢や目標を叶えるために本気でファンの人と向き合っていて、その夢を叶えるかっこいい姿も見せてくれました。

るんるんの13年間の全てを知っているわけじゃないけど、途中から出会った瑠華がこんなにもるんるんの素敵なところを知っているんだから、間違いなくるんるんはファンの方にとって最高のアイドルだし、私達メンバーにとっても尊敬できる憧れのアイドルです。

こんな素敵な人が先輩で、リーダーで、お友達でよかったです。

いつも瑠華と遊んでくれてありがとう。

居心地の良い楽しいチームを作ってくれてありがとう。

瑠華のこと信頼してくれて頼ってくれてありがとう。

そしてSKEに来てくれてありがとう。

いつも隣にいてくれたるんるんがいなくなるのは寂しいけど、卒業してもずっとお友達でいてね。

そして卒業まで残り2週間、最後までみんなで楽しいことして思い出たくさん作ろうね。

瑠華より。

 

 

本人のコメント

まずは、今日の生誕イベントに来てくださったみなさん本当に本当にありがとうございます。

そして配信を見てくださってるみなさんもありがとうございます。

さあ、ついに最後の生誕です。もうねっ、気づいたらこのグループに入ったら気づいたら生誕祭っていうものが始まっていて、最初はそんなになんて言ったらいいんだよなぁ、あんまり生誕祭に対して特別な感情は特になかったんですけど、SKE48に来てやっぱりグループで生誕祭に取り組む、取り組み方っていうのがすごくちがっていて。

なんかSKE48に来て、私は実物のケーキの時代に間に合わず、それだけちょっと後悔。もうちょっと早く来てたら実物のケーキに出会えてたのにって思うんですけど。

でも本当にとっても楽しい、なんか本当に生誕祭の、なんだろう企画やってるなあと思って、それからこういろんなメンバーのなんかいろんな企画に憧れたりして、私も「あれがいい」「これがいい」ってたくさんたくさんわがままを言って「これはやだ」とか何か「あれはやだった」とかたくさんみなさんにいろんなことを言ったと思いますが、今思えば本当に、そんなちょっと失敗しちゃうところも私の可愛いファンのみなさんだなとすごく愛しく思います。

本当にたくさんたくさんいろんなね、生誕のイベントやってくださって本当にまずありがとうございます。

そうですね、まぁ卒業公演も控えていますので振り返ったりとか、こうなんだ、感謝の気持ちっていうのはまた最後にとっておこうと思うので、今日は未来の話をしたいなと思って。

もう30歳になってもう10日ぐらい経ちましたが、あの本当に、そうですね今はSKE48として最後までみんなと楽しくアイドルをやりきることも、その1日1日、ここのステージの時間もそうだし楽屋にいる時間だったり、ただ単に劇場に向かってる時間だったりとかも、「こうやってみんなと一緒にいる時間がもうすぐなくなっちゃうんだなー」って思うとすごく寂しくもありますが、とってもとってもなんか、この時の事を一生目に焼き付けておこうって思えるぐらい、今本当に、1日1日、1分1秒を楽しく過ごしてます。

そして昨日ね、あの握手会というかトーク会のイベント最後迎えまして、本当にファンのみなさんと目と目を見て話して思ったんですけど、やっぱりこのグループに入って何よりの大切な宝物はみなさんだなと思いました。

だってこんなにわがままで、こんなに口が悪くて、別にスタイルもめっちゃいいわけじゃないし、まあ顔は可愛いかもしれないけど。

でも、もしかしたらそれこそもっともっと魅力的なメンバーだったり、みんなが憧れてるこんなメンバーだったらいいのになって思う人たちも、たくさんいる中でこんな私を選んでくれて、好きって言ってくれて、応援してくれてるなんて、多分人生で今後そんなにあることじゃないと思うんですよ。

だから私は本当にこれからこの劇場を旅立った後は、みなさんはどうやって幸せにしていこうかなってすごく考えてます。

やっぱりアイドルとして出会ったので、きっと歌ったり踊ったりしてる姿が見れないのとか、この劇場に立てない私にきっと魅力を感じない方もこの先出てくると思います。

でも私は魅力を感じてくれてる以上、そんなみなさんをもう一番に楽しませたいし、なんか大場美奈を応援しててよかったって思って欲しいし、いつかみんなの自慢になりたいなと思うので、やっぱりここでみんなの心を離すわけにはいかないと、むしろ私は旅立った後一番にみなさんの心をつなぎとめるのはちょっと違うけど、みなさんの心を離さないでどうやっていられるかなって考えることが今の楽しみでもあり、全力をかけたいなと思っていることでもあります。

なんか私はずっと言ってますけど、絶対にさよならは私からは言いません。みなさんはもしかしたらさよならって、ね、いうこともあるかもしれないし、言わずに去ることもあるかもしれないけど、私からは絶対にみなさんにさよならは言わないつもりです。

そしてたくさんの方に言われるんですけど、私将来ディナーショーやりたいって言ったじゃないですか。

おばあちゃんになった時にディナーショーがやれるぐらいすごい人になりたいって言ったんですけど、たくさんの方から「みなるんがおばあちゃんになった時僕たちは」って言われて、本当に本当ごめんなさい。

そういうつもりで言ったんじゃなくて、私がディナーショーをやる位になるには、おばあちゃんになるまで時間かかるなと思って、おばあちゃんになったらって思ったんですけど、あの、もっと早くやって欲しいって言ってくれたので。

なのでディナーショーをやるって言うことは、ね、やっぱり歌を歌ったりとかするっていうことだと思うので。

これから私はこのアイドル人生で歌なんて本当にへたっぴだったので、得意だなんて一言も言えたこと一回もありませんが、これからはみなさんの前だけでちょっと歌を歌ったりとかしながら、そしてそうですね、30代のうちに1回ディナーショーやりたいなって思います。

それなら間に合うよね。みんな間に合うよね。

なのでこれからみなさんときっとこのSKE48にいたからこそできる楽しい思い出、今まで多分たくさんあったと思います。

なのでこれからはSKE48っていう大きな船には乗れなくなりますが、私自身の自己プロデュースでいろんなことができると、いろんな可能性があると思ってるので、きっとまぁ、今は現役のメンバーと過ごす時間が多いですが、旅立ったら卒業生のメンバーと過ごすことが多くなると思うし、そうなったらまた今まで見れなかった形で、いろんな形で楽しいことができるんじゃないかなとかいろんなことを考えてたりするので、まぁ卒業後はお芝居を中心にやっていきはしますが。

ファンのみなさんとの絆は、このSKE48で作ってきたこの絆と変わらない形でこれからも楽しい事をみなさんと作っていきたいなと思っておりますので、みなさん是非、あの何か、まぁね、もしかしたら失敗しちゃうこともあるかもしれないけど、そんな時は是非、あの「これだめだよ」「あれだめだよ」とか何かみなさんのいつでも近くにいたいので、是非何でも、よかった時はたくさん褒めて欲しいし、ダメだった時はいっぱい叱って下さい。

これからも関係はアイドルとオタクではなくなりますが、みなさんはこれからはファンになるということで、ファンとしてみなさんこれからも私とずっとずっと私がおばあちゃんになるまで、そしてみなさんがおじいちゃんになるまで、もう今おじいちゃんの方はもっとおじいちゃんになるまで、これからもずっとずっと仲良くしてくれたら嬉しいなと思います。

本当に本当にみなさん最後の生誕祭たくさんお祝いしてくれてありがとうございました。

 

 

それではまた(●´ω`●)