澤田奏音生誕祭2022 in SKE48劇場


1月8日以降、劇場での公演が中止となり生誕祭もメンバー8名でトークショー形式で実施していましたが、4月11日の「重ねた足跡」公演が再開。メンバー12名でイベントではなく公演での生誕祭が再開されることになりました。

 

 

5月21日澤田奏音生誕祭

 

出演メンバー
相川暖花・池田楓・井田玲音名・鎌田菜月・倉島杏実・斉藤真木子・佐藤佳穂・澤田奏音・鈴木恋奈・髙畑結希・谷真理佳・福士奈央

 

進行:井田玲音名

 

お手紙

斉藤真木子より

 

奏音ちゃんへ、18歳のお誕生日おめでとう。

そしてチームEへようこそ。改めて昇格おめでとう。

12月の中野で10期生の昇格発表した時、奏音ちゃんがチームEに加入だと知って一番嬉しかったです。

奏音ちゃんには発表の直前、先ほども言っていましたが、声色と私から溢れる笑顔でチームEだってばれちゃっていたと思います。実際にそうでした。

私がオーディションから立ち会わせてもらったこともあって、10期生のみんなはめちゃくちゃ可愛くて愛おしい存在なのはもちろんだけど、その中でも特に奏音ちゃんは10期生で初めて仲良くなったメンバーでした。

2020年の夏のコント劇、奏音ちゃんの演技力やストイックさ、それとは裏腹に時折見せる天然でチャーミングな姿にイチコロでやられてしまい今に至ります。

一緒にご飯を食べたり、タピオカを飲んだり、稽古以外にも沢山の時間を一緒に過ごしましたね。

歳の離れた可愛い妹ができたみたいで嬉しかったです。

ただSKEに入って間もなかったのにも関わらず、初めての現場でしっかり自分の芯を持ち堂々とこなしていて、「この子は只者じゃないなぁ」と震えたことを覚えています。

奏音ちゃんの存在が刺激的で、私ももっと頑張らないとと思わされました。本当にありがとう。

17歳の一年は毎日が目まぐるしくあっという間に過ぎていったと思います。本当によく頑張ったね。

会う機会は少なかったけど、奏音ちゃんの頑張りはいつも自然と私の耳にも入ってきていました。

毎日のShowroom配信や劇場でのスクランブル出演。奏音ちゃんの日々の活動に本当に誇らしく思っています。

誰にもできることではないから本当にすごいことだし、奏音ちゃんは自分の個性をよくわかっていてそれを楽しく届けて伝える力があると思うので、これからもファンのみなさんをたくさん楽しませてあげてください。

そしていつも積極的に私に連絡をしてくれて、こんなに頼りにしてくれてありがとう。私がアドバイスする隙もないぐらいにしっかりとした考えを持っているので私はほぼ聞いているだけの状態でごめんね。

あまり気の利いたことを言ってあげられて申し訳なく思っています。

仲間思いで正義感が強く本当にストイックで、やると決めたことはやり遂げる奏音ちゃん。奏音ちゃんのその姿勢はいつか絶対に報われる時が来るし、間違ってなかったと確信できる日が必ず来るので、これからもその強い信念とユーモア溢れる特走力に更なる磨きをかけていて欲しいです。

見てくれている人は必ずいます。私もずっと見守ってるからね。

これからはチームメイトとして一緒に頑張っていきましょう悩んだらいつでも相談に乗ります。話何でも聞くからね。楽しいことたくさんしましょう。奏音ちゃんの成長をそばで見守って感じられることが何よりの幸せです。

18歳、素敵な一年になりますように。

SKE48キャプテン、斉藤真木子

 

本人のコメント

まず、このような素敵な生誕祭を考えてくださった生誕委員のみなさま、そして今日こうやって集まってくださり、後は先輩方も、本当にありがとうございます。

真木子さんからお手紙をいただいたんですけど、すごくほんとに嬉しくて。

真木子さんとはお手紙にもあったように、コント劇の時からお世話になってるんですけど、ほんとお母さんみたいな、存在で、真木子さんはもちろんSKEの支配人でありキャプテンなんですけど。

それとチームEの先輩なんですけど、本当に普段の接する先輩の優しいお母さんみたいな真木子さんと、あと支配人としての真木子さん。

私は結構、支配人としての真木子さんとも関わらせていただくことが多くて、どういう意味かって言うと、なんかすごい悩んだ、悩んではないんですけど質問に、疑問に思ったことだったり、「ここってどう思いますか?」とか真木子さんにご相談したりすることが今までに何回もあって。

だからすごい、そういう支配人としての真木子さんとしてもお世話になってるなって感じます。

なので今日そんな真木子さんからお手紙をいただけて本当に嬉しいです。ありがとうございます。

はい、私は18歳になって、形としては成人をしました。

なのであの口癖は「ええっと」「奏音は」「なんかぁ」なんですけど、それをちょっと極力言わないようにして、今日はスピーチできるようになりたいなって思うんですけれど。

まず18歳っていう年齢っていうのは、私の個人の意見?考えなんですけど、私にとってはすごく大切な意味のある年齢で、何かって言うと、18歳まで自分のやりたい事、夢とか目標とかそれに向かって全力でやる。

18歳までは何も考えずにやるって言う事を決めていて、それで親にも送り迎えだったり、金銭的な部分もだし、本当に色々お世話になってやってきて、レッスンとかも沢山やってきたんですけど、こうやって18歳になってみて、今こやってプロとしてアイドルとして立たせて頂けてる事に本当に感謝だなって思って。

18歳を結果出せてなかったらじゃあ大学に行くのか、自分で諦められなかったとして自分で夢に向かって入ってかなきゃいけないなってすごく思ってたんですけど、このような昇格して生誕祭まで開いていただけるこの環境に、今の環境に本当に感謝したいなって思います。

それまでに支えてくださった親ももちろん、先輩方や同期のみんな、レッスンをしてくれた講師のみなさんも本当に今感謝の気持ちでいっぱいです。

そしてもちろん、いつも応援して下さるファンのみなさんは本当に本当にいつも感謝してます。

それで私はぎりぎりになって、こう節目のぎりぎりになって結構拾われてきたタイプで。

例えば小学校卒業の時、今と?今と同じようにというか、夢に向かってレッスンを受けてたんですけど、なかなか結果が出なくて、小学校卒業の時にギリギリに映画にちょこっとだけなんですけど出させていただけたり、あのー通ってたスクールで選抜に選んで頂けたり、したりとか、中学校卒業のタイミングでもギリギリでスクールのステージがあったんですけど、そこの同じカテゴリーのクラスでグランプリを正していただけたりとか、中学校3年生にはSKE48に選んで頂けたりとか、本当にギリギリで自分が追い込まれた時に拾っていただいて、あの今ここに至るんけど。

なのでちょっと18歳は自分を意味で追い込んで行きたいなと思っていて、なのでそういう意味も込めて、今日は18歳のこれからの目標をその場を借りして伝えたいなって思うんですけど。

それは女優さんとしてのお仕事を、20歳までにどんどんどんどんやっていくことです。

18歳と言ってもこれからの目標になっちゃうんですけど、やっぱり小さい頃から女優さんという夢はあって、舞台や映画やドラマや、そういうのに沢山出ていきたいなという目標があります。

それと、お茶の間に出れる人になりたいなってすごく思っています。

今はまだまだ遠いかもしれないですけど、そこを目指していい意味自分を追い込んで頑張っていきたいなと思います。

18歳ってほんとに若いよっていう方も沢山いるんですけど、ほんとに時間なくて、結構ギリギリというかもうだいぶ自分の中で時間がないなって感じる場面が生きててあって、なのでこれから18歳の一年は、私らしさ、マイペースさも忘れずに、いい意味で自分を追い込んで、悔いのない一年にしたいなと思います。

なのでみなさんこれからも澤田奏音の応援よろしくお願いします。

 

 

 

それではまた(●´ω`●)