末永桜花生誕祭2023 in SKE48劇場


3月6日「SKEフェスティバル」公演

 

出演メンバー:相川暖花・浅井裕華・池田楓・井田玲音名・熊崎晴香・倉島杏実・佐藤佳穂・澤田奏音・末永桜花・菅原茉椰・鈴木恋奈・林美澪

 

進行:熊崎晴香

 

お手紙

 

おーちゃんへ。

おーちゃん、21歳の誕生日おめでとう。

今日、本当は直接お手紙を渡したかったけれど、劇場に行けなくて残念です。

きっと素敵な時間になってるんだろうなぁ。

おーちゃんと仲良くなったのはいつだったかな?って思い出してみたら、私が人見知りで後輩と全く話せなかった時に同期の荒井優希ちゃんに相談したら、後日おーちゃんとお仕事が一緒になった時に、優希ちゃんが「どんちゃん人見知りだから話しかけてあげてね」っておーちゃんに伝えてくれて。

そこから、おーちゃん優しいから私にたくさん話しかけてくれたのがきっかけだったかな。

人見知り過ぎてムスッとしてただろうに、話しかけてくれてありがとう。

おーちゃんがきっかけで人見知りがだいぶ改善されて、今では後輩の子とたくさん話せるようになったよ。おーちゃんありがとう。

おーちゃんって小柄でツインテールとピンクが似合う「The アイドル!」って感じだけど、中身はめちゃめちゃしっかりしてて、誰よりも冷静にその場を見ているし、ファンのみんながどうしたら喜んでくれるかを一番に考えて、誠実にお仕事と向き合っている姿は本当に尊敬するしカッコイイ。プロです。

そんなしっかり者のおーちゃんだけど、仲良くなってからは面白いおーちゃんをたくさん見せてくれるのが毎回楽しみになっています。

また面白い事いっぱいして、いっぱい笑おうね。

後、約束してるお鍋も早く行かなくっちゃね。

4時間でも5時間でもまたいっぱい話そう。

最後になりますが、お手紙を任せてくださった生誕委員のみなさん、素敵な機会をありがとうございました。

これからも一セレッソールとして、私もおーちゃんを見守っていきます。

そしておーちゃん、改めてお誕生日おめでとう。

これからもチームEで一緒に頑張っていこうね。

素敵な一年になりますように。

大好きだよ。

チームE、福士奈央より。

 

 

末永桜花より

 

まずは、この生誕祭へ足を運んでくださったみなさん、そして配信でご覧になってるみなさん、そしてメンバーのみなさんも、そしてスタッフのみなさんも本当にありがとうございます。

お手紙がどんさんで、いや、どんさんと本当に、振り返るといつ仲良くなったのかは思い出せないくらい自然と仲良くなっていて。

あの、よく最近いろいろなメンバーから面白いって言われるんですけれど、あの、なんて言うんですかね、私、結構壁を感じやすいって昔から言われてたんですけど、全然作ってるつもりはなかったんですけど。

その、なんて言うんですかね、その面白いって言われるようになったきっかけっていうのはどんさんでもあって、おーちゃんのこと面白いって言ってくれるけど、どんさんがやっぱり面白いから、自然と一緒にいるとたくさん笑う機会も多くて、いろいろなメンバーと打ち解けるきっかけにもなれたのかなって思いますし。

どんさんとたくさんお話ししたりだとか「今日の生誕祭も出たかった」って連絡くださったりとかで、いつも私の話もたくさん聞いてくれる優しくて面白いどんさんからお手紙をいただけてとっても嬉しかったです。どんさんありがとうございます。

そうですね、21歳になったということで一年を振り返ると、私の中で去年の、昨年の一年はすごく楽しい一年だったなって思って。

やっぱり、今まですごい悔しいとか恨みって言うか、根に持ってることっていうのがやっぱりたくさんあって、それを配信とかで結構みなさんに聞いてもらうことが多かったんですけれども、振り返ってみると、今年はなんかその過去の悔しかったこととか根に持ってることを笑って話せるようになったなっていうことが多くて。

それってやっぱり、みなさんが応援してくださって、ついて来て下さって、支えてくださるからで。

で、今年もその何て言うんですか、トーク会とか色々なイベントとかで「おーちゃんに会いたかったけど会えなかった」「チケットが取れなかった」って言ってくださる方がすごくたくさんいるなっていう感じをして。

会えないっていうのは私からしてもちょっと悲しいなと思うんですけれども、それだけ色々な方が悔しいって思ってくださってるのがすごく嬉しかったですし、これからももっともっと私に「会いたいな」「お話したいな」って思ってもらえるメンバーで居続けられるように頑張りたいなと思いますし。

そういった過去の恨みとかがこれから出てこないように前向きに、やっぱり楽しく活動したいなっていうのが一番なので、これからも私が病んでしまわないようにみなさん、ずっと応援し続けてくださると嬉しいなと思います。よろしくお願いします。

そうですね、後、私の中ですごくとっても大きかったのが、あの、鉄道のお仕事をさせていただける機会がとても多くて、先日参加させて頂いたNHKさんのイベント、トークショーとかではもう「鉄道アイドル」っていう肩書きまで付いていたりで、あっ、ありがとうございます。

自分ではびっくりなんですけれども、JR東海さんの「冬の飛騨路キャンペーン」のアンバサダーをさせていただけたのも私にとってはすごく大きくって、いろいろ私の趣味だったりがお仕事としてたくさんの人との縁を繋いでくださったりだとかで、すごく貴重な経験をさせていただいているなと感じることが多いので、これからもみなさんに鉄道の良さだったりだとか、そういった私がもっと色々な所で活躍できるように、そしてそういった姿をみなさんにお届けできるよう頑張っていきたいなと思いますので応援よろしくお願いします。

そして、女優さんになるのも私にとっては夢の一つでもあるので、演技のお仕事とかも、あの「恋のエナジー」させて頂いて、それでも少しだけ女優としてのお仕事を少しさせて頂いて、やっぱり楽しいなって感じたので、これからもっともっと色々なところで経験を積んでいけたら嬉しいなと思うので、ちょっと色々できるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

そうですね、あの、去年の年末、昨年の年末から今年の年明けにかけてずっと私は「楽しく活動する事が目標です」と言ってるので、2023年、21歳の一年は楽しく、ひたすら笑顔で活躍できるように頑張りたいと思うので、みなさんもいっしょに笑顔で応援して下さったら嬉しいなと思います。

これから、そうですね、みなさんに恩返しができるように、そしていろいろな良い報告ができるように頑張りたいなと思うんですけれども。

ここで、一つ、お知らせがあるのでこちらの映像をご覧ください。

 

 

6月1日ダイヤモンドホールにてソロライブをさせていただくので、生誕祭にお越しのみなさんも、配信をご覧のみなさんも、今日当たらなかったって拗ねてるみなさんも、是非6月1日、予定を空けて下さると嬉しいなと思います。

そして、タイトルは「末永桜花ソロライブ~末永桜花はカワイイだけじゃない~」ということで、どんなおーちゃんが見れるのか楽しみにしていてほしいなと思いますのでよろしくお願いします。

すごいなんか、思ってたよりも大げさな映像というか、大々的な映像でちょっと恥ずかしいなと思ったんですけども、みなさん、是非よろしくお願いします。

 

 

それではまた(●´ω`●)