佐藤佳穂生誕祭2023 in SKE48劇場


5月23日「SKEフェスティバル」公演

 

出演メンバー:相川暖花・池田楓・井田玲音名・鎌田菜月・倉島杏実・斉藤真木子・佐藤佳穂・末永桜花・菅原茉椰・鈴木恋奈・髙畑結希・福士奈央

 

進行:倉島杏実

 

お手紙

 

チームE 福士奈央より

 

かほちゃんへ。

26歳のお誕生日おめでとう。

5月に入って直ぐぐらいに「私の生誕祭、どんさん手紙ですよね。依頼きてます?」って急にLINEがきて「き、きてないよ」って言ったら、すっごい疑われたけど、結局私です。

かほちゃんとはチームEのリーダー、副リーダーの関係になってから、ものすごく一緒にいる時間が増えて、連絡もたくさん取り合って、自然とさらに距離が近づいたなと思っています。

私は結構前からかほちゃんと仲良くなりたいって思ってたんだけど、ガツガツ話しかけに行くのが得意ではなくて、でも、かほちゃんの面白くてセンス抜群な部分にはまりすぎて、気づいたら自ら「さとかほ沼」に落ちていました。

かほちゃんの近くで、かほちゃんのいろんなことを知って、本当に魅力的だし尊敬しかないし、結果を出すことにストイックになりすぎてしまう部分も含めて本当に愛おしいです。

少し前の話になるけど「チームEのリーダーはどんな子がいいかな?」って須田さんと話してた時に「一緒にやっていくどんちゃんが、一緒にチームEを引っ張って行きたいと思う人を選びたい」と須田さんが言ってくださって、私は真っ先に頭の中にかほちゃんが思い浮かびました。

それはさっき話したセンスがある部分もそうだし、ファンの人に楽しんでもらうにはどうしたらいいのかを一番に考えているところ、チームEらしさそのものだと思いました。

常に冷静に周りを見ているから、メンバーの些細な変化にも気づけるところ、絶対に人を傷つけるようなことをしないし、誰にでも優しいところ、そんなかほちゃんがチームEのことをリーダーとして引っ張って行ってくれてとっても頼もしいです。

常にチームEのことを考えているかほちゃんだけど、自分のこともそれ以上に大切にしてほしい。

リーダーである前にメンバーだから、自分はこうなりたい、こんなことをしたいって思うことは当たり前だし、それを口に出してもいいんだよ。

7月には新公演もあって、その準備とその他のお仕事と今からでも不安なぐらいバタバタすると思うけど、かほちゃんが辛い時は副リーダーとして、一仲良しとして支えるからいつでも頼ってね。

長くなってしまったけれど、かほちゃん、いつも仲良くしてくれて本当にありがとう。

チームEのことをたくさん思っていてくれてありがとう。

26歳、かほちゃんが心から笑顔で入れる一年になりますように。

お手紙を任せてくださった生誕委員のみなさん、素敵な機会をくださりありがとうございます。

これからも沼っていきましょう。

かほちゃん、26歳本当におめでとう。

次は晴れてる日に夢の国行こうね。

大好きだよ。

チームE副リーダーの福士奈央より。 

 

 

 

佐藤佳穂より

 

まずは、今日こんな素敵な生誕祭を開いてくださって本当にありがとうございます。

生誕委員のみなさんだったり、駆けつけてくださったファンのみなさんだったり、今DMM配信で見てくださってる方だったり、お仕事終わりに見る方やモニター観覧だったり、Twitterでハッシュタグをお仕事しながら追ってくださってる方もいるかもしれません。

本当にたくさんの方に支えられてるなって感じる生誕祭を、今日こうしてここのステージに立ててすごく嬉しいです。ありがとうございます。

私はどんさんからどうしてもお手紙が欲しくて、はっきりとは言ってないんですけどSHOWROOMとかで若干似合わせとか、あの、欲しいなって思いながらも全メンバーから欲しいぐらいなんですけど。

その中でも一番、リーダー、副リーダーとして25歳過ごす時間が本当に多かったどんさんから、こう、見えてる私というか、そんなどんさんの気持ちがちょっと知りたいなって思っていたので、すごく素敵なお手紙をいただけて嬉しいです。ありがとうございます。

そして25歳の一年は、8期生で単独Zeppライブをしたり、久しぶりのグラビア撮影だったり、楽しいことをすごく経験させてもらった一年でもあるんですけど、チームEのリーダーになって、すごく自分と向き合う時間が本当に多くて、考えることが本当に多かった一年だったなって思っています。

その中でも、こうして前を向いて続けてこれたのはファンのみなさんのおかげで、生誕祭で何を話そうってすごい心配があってたんですけれども、先週のトーク会とか握手会ですごい言葉をくれたり、メールの返信だったり、SNSで私にかけてくださる言葉がすごく本当に暖かくて、今日すごい幕が開いてから楽しい気持ちで、ずっと楽しい楽しいって思ってたらいつの間にかセレモニーになってて、こんなすごい素敵な生誕祭を26歳の初めに始められたことがすごく嬉しいです。ありがとうございます。

26歳に、25歳のスピーチに「目標は多くは語らない」と「察してほしい」とファンの方に言ったんですけど。

生誕祭の前にちょっとすごく考える時間が私の中であって、はっきりと言葉にしないとだめだなって思ったので、今日はちゃんと自分の目標をみなさんに言いたいなと思います。

私は立場が人を作る事ってあると思っていて、自分の努力だけじゃなかなか叶わないこともあったりするんですけど、私は結構加入した頃からフロントに立つ回数が少なくて、研究生の時とか昇格してからもなかなか立てる機会がなくて、選抜に入ってからもリリースイベントでずっと3列目で、何曲も踊ってたりして、その、自分が立ってるその立場が自信を持てない自分を作ってしまってたんですよ。

どれだけ結果を出しても、あんまり期待してもらえないんじゃないかっていつの間にかすごく思うようになっちゃってて。

自信がなくても自信を持ってるように見せることはできるって思ってるので、自分に負けないようにSNSとか、ファンのみなさんと会える時間とか、公演とか、一つ一つ考えながら頑張ってきてはいたんですけど。

最近、それが「正解なのかな?」って「なんか間違ってたんじゃないかな?」ってすごく考えてしまって、一旦、ちょっと頑張れないなって思って、SNSを、多分初めてかな、SKE48に入ってから、初めてっていうくらい更新できなくなってしまった日がありました。

でも、その期間にも私もすごく色々考えていたんですけど、先日のトーク会、握手会とかメールの返信とかで、こう、なんて言うんですかね、私が見たいと思う景色を私以上に一緒に見たいと思ってくださるファンの方がいて、私が期待してしまったこととか、ファンのみなさんが次に繋げてくれて、すごく期待していたりいた自分を、間違ってないと教えてくださるのはいつもファンのみなさんで、その言葉とか温かさにすごく救われて「やれることは全部やろう」とまた前を向くことができました。

私はSKE48にいるからには、センターを期待してもらえるような人になることが目標です。

なので、まだまだ壁は厚くて、道のりは長くて、課題はいっぱいあるかもしれないんですけれども、一緒に、まだSKE48に入って、佐藤佳穂として誰かの代わりじゃなくて、佐藤佳穂としてまだまだ立ったことが一度もない「0番」に立てるように、一緒に目指してくださったら嬉しいです。よろしくお願いします。

そして、SKE48で目指すところがポジションだけではなくて、私個人としての夢があって、それは加入する前からずっと持っていた、私が大学に進学した理由なんですけど、化粧品に関わるお仕事がしたいとずっと思って生きてきたんですね。

私が自信が無いのもあるんですけど、化粧品とかメイクとかってすごく私に自信をくれるもので、可愛いって言ってもらえたり、そう言ってもらえる私にキラキラを与えてくれるものなので、すごく私は高校生の時くらいから化粧品がすごく好きだったんですよ。

で、化粧品に携わるお仕事がしたいと加入してからもしばらく言ってたんですけど、それは今もずっと変わっていなくて、SKE48にいる時もですし、SKE48の先の人生でも、人生としての目標なんですけど、自分がプロデュースしたコスメを店頭に置くのが私の中での一番の夢です。

なかなかこう難しかったりするんですけど、InstagramだったりTikTokだったり、私と同じように化粧品が、コスメが好きな方に届くようにこれからも発信をし続けるので、ファンのみなさんは私が何を発信してるのかよくわからないかもしれないんですけれども、一緒に見守ってくださったり応援してくださったら嬉しいです。

SKE48は「想像してなかった夢が叶う場所だと思ってる」って25歳の私もスピーチで言っていたので、きっと私とファンのみなさんだったら叶えられるんじゃないかなって思っているので、その夢に貪欲に走っていけたらいいなと思っています。

なので変わらず応援していて欲しいです。よろしくお願いします。

で、あとはリーダーとしての目標なんですけど、7月の15日に新公演の「声出していこーぜ!!!」公演が始まるんですけど「チームEの課題は何?」とかいろいろやっぱり聞かれるし、楽しい気持ちだけじゃ、なんて言うんですかね、それでも楽しい気持ちだけですごく進んでいけるパワーっていうのはチームEとチームEのファンのみなさんは持ってると思うんですけど、なんかそれだけじゃ私の中で足りまくって、初日、チームEの「声出していこーぜ!!!」公演の初日の応募数が1万人超えることが私のリーダーとしての目標です。

なかなか高い壁かもしれないんですけれど、その1万人を超えれたらチームEが見えるというか、SKE48が見える景色っていうのがどんどん広がっていくんじゃないかなって思っているので、今の活動だけでは足りないというか、まだまだ色んなファンのみなさんと一緒に過ごせる時間を私は増やしたいですし、また大きいコンサート会場でメンバーとステージに立ってファンのみなさんとレスを送りあって、そういう活動がもっともっとできるように、まずは新公演から頑張って行きたいなって思うので、ファンのみなさんと一緒に目指していけたらいいなと思っています。

なので絶対に初日応募してください。よろしくお願いします。

こう、目標を口にすると、なんかどこかで叶わないんじゃないかって思っちゃう私がいるんですけど、やっぱりすごく背中を押されたのが表題曲の「声出していこーぜ!!!」なんですね。

まだ、曲とか歌詞とかみなさんは知らないので言えないんですけど。

私も今年の一年は、思ったこととか言いたいこと、言わないままにしておくんじゃなくて、たくさん声に出してファンのみなさんに届けられるようなアイドルになりたいと思うので、一緒にこの先のSKE48の人生もセンターを目指して、化粧品プロデュースして、応募数1万人超えて、大きなステージに連れてってくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

ありがとうございます。

今日もみなさんたくさん声を出してくださって、本当に、スピーチする励みになりました。

まだ曲は残ってるのでちゃんと最後まで声出してください。お願いします。

 

 

 

 

それではまた(●´ω`●)