斉藤真木子生誕祭2021 in SKE48劇場


6月30日 斉藤真木子生誕祭

 

出演メンバー:相川暖花、浅井裕華、池田楓、井田玲音名、鎌田菜月、熊崎晴香、斉藤真木子、佐藤佳穂、菅原茉椰、髙畑結希、谷真理佳、福士奈央

 

 

進行:相川暖花

お手紙

チームE 福士奈央より(代読:福士奈央)

真木子さんへ。27歳のお誕生日おめでとうございます。いつも一緒にいてくれてありがとうございます。

真木子さんと初めて話したのは、私が劇場デビューする前日に真木子さんが練習を見てくれて、ダンスボロボロな私にちゃんと踊りやと言われて、めちゃめちゃSKEだなと思ったのが初めてでした。

でも気づいたらすっごい仲良くなっていて、仕事でもプライベートでも一緒にいる時間が多くなって凄く嬉しいです。

大先輩なんだけど一緒にいる時、本当に楽しくて、仕事前に早く集合してカフェに行ったり、毎年予防接種一緒に行ったり、食の趣味も合うので公演終わりはよく、マママ、MMM…。(マクドナルド)言っちゃった。で、たらふく食べたり、そんな時間が本当に楽しいです。

いつも楽しいことばかりしてるけど、真木子さんは私が想像する何倍もキャプテンとして支配人として背負わなくちゃいけないこと、我慢してることもきっと多いと思います。真木子さんにはいつもしてもらってばかりで何も返せてないけど、いつでも頼ってください。

真木子さんが相談に乗ってくれた時みたいにたくさん話を聞くし、私がいっぱい笑顔にします。いつでも味方です。これからもずっとついていくので、置いて行ったりしないでください。

うちの家族も栃木で待ってるので、落ち着いたら実家に来てください。27歳、本当におめでとうございます。私が素敵な1年にします。ズッ友、卍!チームE 福士奈央。

 

斉藤真木子のコメント

本当に久しぶりに、1年ぶり? 2年ぶりかに生誕祭をこうやって劇場で開いてもらって、今までデビューしてから毎年このように開いていただいたものが、1年ないだけでこんなに違うんだなっていうのを凄く実感したり、

やっぱりこの26歳の1年っていうのもそうだし、25歳の間もやっぱコロナっていう状況の中でなかなかうまく活動できなかったりっていうのが続いて、初めて自分の13年の歴史の中でSKEってものが全くない日々を過ごす時間が多かったです。

皆さんにもほんとにSNSとか配信とかそういうことでしか会えなくて、ほんとにまたこんな景色が見れるなんて、自己紹介でも言ったけど本当に思ってなくて、やっぱ何年も同じ場所からこの景色をこういった形を見ることで変化もあったし、

新しく感じることとかも多くなったし、メンバーの皆とかも、もちろんファンの皆も言ってくれるように負担が大きくなったり、なんか抱えてるものが大きくなるんじゃないかっていうのを毎年毎年心配してくれる声もほんとに大きくなっていく一方で、

でもやっぱりそれに負けてられないなっていう気持ちもあるので、つらいことだったり大変なことを皆に感じさせないようにもっともっと強くなっていかなきゃいけないなって思ったし、

なんだろう、その2年前かな、3年ぐらい前に支配になって、5、6年前にキャプテンになって、そこからやっぱり人よりもたくさん色んな経験をさせてもらって、色んな感じ方をして、色々学んで、色々大きくなったつもりなので、その分たくさんこのグループに恩返ししないといけないし、もっともっと応援してくださったファンの人に恩返しをしていきたいなって思います。

この時代、何が正解で何がいいってされるものがないからこそ凄く迷うと思うし、自分がずーっとSKEにいて変わってきたこともたくさんあって、今のやり方が合ってるのかなとか間違ってるのかなって感じたり、

後輩への接し方だったりとか、後輩に、何だろう、こう、後輩を導くことの難しさっていうのもやっぱりほんとに日々痛感していくばっかりで。

それをやっぱりいつもやってると少なからず、なんか自然と、でも意図的にというか、凄い自分のことをおろそかにするっていうことが多くなってるって、

自分もそうだしファンの皆様にもそうやって感じさせてしまってるのは本当に申し訳ないけど、本当はそうじゃなくて、皆のことを考えてSKEをもっとよくしようって思うことをいっぱいいっぱいにして、もっともっと向き合わなきゃいけなかったこと、自分のことに全然時間を割いていなくて楽してたんだなっていうのを痛感することが多かったです。

だからやっぱりメンバーもたくさん増えたり、入れ替わったり、卒業したり、加入したりってするメンバーがたくさんいるこのグループの中で何が今一番SKEにとって良いことかとか、

SKE48をもっと良くしていくためにどうしていこうかっていうことを考えるのはもちろんのこと、ファンの皆様に喜んでもらえるアイドルでいることを忘れずにこれからも頑張っていきたいなと思うので、私もステージにいるメンバーと同じように上を目指して、前を目指してもっと自分が輝ける場所を自分から作っていきたいなと思います。

なので、やっぱそうすることで、なんだろう、自分のこととグループのことって考えた時にこう、どっちをっていうのが凄く難しくなっちゃうからファンの人とかには迷惑かけちゃうし、

メンバーにも心配をかけちゃうかもしれないんですけど、でもこれが私のやり方だからと胸を張って実行できる、実現できる1年にしていきたいなと思います。なのでこれからもメンバーの皆とスタッフの皆と足並みを揃えて、皆で楽しい景色を見ていけるように頑張っていきたいと思います。

長くなってしまいましたが、総じて「頑張ります」という結果になっておりますので。きっと何の脅しでも何でもないんですけど、そんなにやっぱり先とか、息って言うんですか?こういう時は長くないというか、

やっぱりもっともっとこれからたくさんSKEとして頑張っていこうというよりかはいつ卒業して次のステップに進もうかなっていうのを考える方がやっぱり多くなりました。

ステージの上でこうやってファンの人に伝えるのは少し寂しいけど、新たなステップに向けてと、そして皆と一緒にSKEにいる限りもっともっと最高の景色を見れるように頑張っていこうという気持ちの27歳にしたいなと思うので、

どんな決断をしても皆さんに応援してもらいたいなと思うし、このステージに立ってる以上は皆さんに素敵なパフォーマンスを見てもらえるように一生懸命頑張っていきたいなと思います。

なので、なんか卒業と発表してるわけじゃないのに凄く送辞の気持ちになってきてしまって申し訳ない。なんかごめんなさい。すいません。

なんかプレ卒業発表みたいな感じで受け止めてくれたらいいなと思います。なので、その時まで全力でSKEして活動していきたいと思いますので、その時まで離れないで応援してくださると嬉しいです。本日は本当にありがとうございました。

 

 

真木子支配人お誕生日おめでとうございます。どちらかと言うと私はアイドル斉藤真木子がすごくカッコよくておもしろくて理想のアイドル像だと思っていますよ。苦労も多いでしょうけど、まだまだSKEを引っ張っていってほしいと思います。

それではまた(●´ω`●)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です