深井ねがい卒業イベント in SKE48劇場


1月8日以降、劇場での公演が中止となり卒業公演もどうなるかわかりませんでしたが、メンバー数が8名ではありますがトークショー形式で実施されることになりました。

 

1月31日深井ねがい卒業セレモニー

 

出演メンバー:北川愛乃・池田楓・倉島杏実・佐藤佳穂・菅原茉椰・谷真理佳・深井ねがい・福士奈央

 

深井ねがいソロ歌唱:「今の私じゃダメなんだ」

 

進行:福士奈央

お手紙

チームS 北川愛乃より

ねがいへ。

ねがい卒業おめでとう。

この言葉を口にする日が来るなんて本当に胸が苦しくなるよ。

5年と3ヶ月、本当に色んなことがあったけど今考えればあっという間だったね。

ねがいとの出会いはSKE48、8期生オーディションの最終審査の時だったね。

待合室で待っている時いろんなメンバーに声かけてとても積極的だったねがいは、私にはない部分が多くて「関西人やなぁ」って遠くで見ていたのを覚えています。

ねがいは覚えてるかな。「SKE48 8期生特集 ~不安と希望~」でねがいといずりんと私の3人で焼肉屋さんでトークしたよね。

同じ大阪出身であの頃は本当に不安と希望で胸が張り裂けそうで、それでも負けないってバチバチしながら3人で言い合ったのを今でも覚えています。

ねがいはとっても元気で誰かにひっついて甘えん坊で、そういう面でも私とは全然違うなって思っていたけど、いつのまにか一緒にいる時間が増えて私のそばにいてくれるようになったよね。

私は何度も何度も48グループのオーディションを受けてやっとのことで合格できたので、オーディションに一発合格したねがいにすごく驚いて羨ましく思ってたよ。

でもその分ダンス経験がなかったねがいは本当に大変でつらかったと思うけどすごく頑張っていたよね。

そんな姿を見るたびにあの時のねがいの「負けない」って言葉が私の頭の中に浮かんでいました。

だからねがいがくじけそうな時に私の支え方がわからなくて、キツく言っちゃって心がもやもやした時間があって、ある日の青春ガールズ公演の直前に8期生の前で思いっきりケンカしたことあったよね。

周りの方にも迷惑かけちゃったしねがいの気持ちを理解できていなくて駄目だったなって反省しています。ごめんね。

でもあんなに怒れたのはあの時が初めてで、私の人生には無かった事がだったからねがいと本気でぶつかり合えたことが本当は嬉しかったよ。

それからはチームも離れて会える機会も減ってしまってねがいとの時間がほとんどなくなってしまったけど、いつも気になってて「今あの子と仲良くしてるんだぁ、よかった」って遠くから見ていたよ。

でもいつからだろう、いつの間にかまたねがいが私の横にいてくれて二人の絆が強くなったなって感じていました。

思いっきり喧嘩したけどお互い成長できたよね。

思いやる気持ちが強くて大切な思い出だと思ってるよ。

そんなねがいとは舞台「ロミオとジュリエット」で共演した時よくお互いの相手役を演じて練習し合ったり、ユニットじゃんけん大会では「よこねがピョン」で一緒に組んで、オリジナル衣装やグッズを真剣に考えあって握手会でも衣装を一緒に着させてもらったね。

今でも「よこねがピョン」を好きでいてくれるファンのみなさんもいてくださってすごく嬉しいね。

SHOWROOMさんではたこ焼きパーティー配信をした時にロシアンルーレットやいろんなコスプレを着て盛り上がったよね。

研究生の頃は握手会のホテルが同室で、とってもはしゃいだ事も覚えてるよ。

ねがいが休養に入る前に何も気づいてあげられなくて本当にごめんね。

復帰の連絡をくれた時は本当に嬉しかったよ。

嬉しすぎて家族のみんなに連絡してみんなで大喜びしました。

だから別の日に「話したい」って連絡をしてくれた時、全然想像しなかったからねがいの口から卒業の言葉を聞いた時本当に動揺してしまって、寂しくて何も言えなかった私に「そんなに悲しんでくれるの」ってねがいは優しく喜んでくれて。

私の選抜の活躍に期待してくれているこ事とか、私の卒業公演の出席を予約してくれた事とか、他にもたくさんの言葉をかけてくれて私に期待して思って見てくれてるんだなって、こんなにギリギリになって改めてねがいの優しさが胸に刺さりました。

ねがいは私の事もとっても支えてくれている大切な存在だから、離れてしまうのは正直ものすごく寂しいです。

でもねがいの人生は一度きりだから、ねがいがやりたい事を全力で楽しんで挑戦して欲しいです。ずっと笑顔でいてほしいです。

でもねがいはとってもとっても甘えん坊で寂しがり屋さんだから我慢しすぎちゃだめだよ。無理は禁物だよ。

あんまり頼りない私だけど困った時や辛い時は言ってね。

離れても相談にのったり、お互いのお話をたくさんしようね。

次の夢もすごくすごく応援してるよ。

本当に今までたくさんの思い出を一緒に作ってきてくれてありがとう。いつも支えてくれてありがとう。

ねがいと過ごした時間は忘れないし、これからもたくさん思い出作ろうね。

「よこねがピョン」は永遠だよ。

とっても大切な日に私にお手紙を任せてくださり、貴重な時間をいただきありがとうございました。

「よこねがピョン」の相方として大好きなねがいへの気持ちをみなさんにも聞いていただけてすごく嬉しいです。

これからも深井ねがいを見ていてください。

何卒よろしくお願いします。

ねがいの未来が光り輝くことを私も願っています。

よこにゃんこと北川愛乃より。

 

本人のコメント

まずは、卒業イベントに来て下さったみなさま、そして卒業イベントを考えて下さった運営のみなさま本当にありがとうございます。

そして今、コロナウイルスがすごく流行っているので、みなさんそしてメンバーのみなさんもお体気をつけてください。

よくにゃんからの手紙ですけど、もうこんなに泣いてると思わなくてすごくびっくりしてるんですけど、たくさん思い出もありますし私が一番本音で話せるのが北川愛乃ちゃんだけだったので、すごくお互い信用しちゃってるんだなぁと思いましたし、どんな秘密でも「絶対に二人だけの秘密だよ」って言って周りに漏れないので、すごく安心してね二人で話せてました。

ファンのみなさんとメンバーのみなさんにすごくお願いがあるんですけど、北川愛乃ちゃんってすごくしっかりしてるように見えて本当はすごく繊細ですごく背負いやすくてすごく考えやすい性格なので、ぜひみなさんね、特に同期、よく見てあげて辛くなってる時は抱きしめてあげてください。お願いします。

はい、私はSKE48のオーディションに合格して5年間、8期生としてお世話になってきました。

初めは私は昇格できるんだろうかとか、このまま辞めるんじゃないかって思っていた時期もあります。

まあ、楽しいことよりしんどいことや辛いことの方が多かったと思います。

それでもファンのみなさまがいてくれたおかげで私は昇格ができましたし、このステージに立ってそしてチームEとして卒業イベントをすることができているので本当にありがとうございます。

会いに行けるアイドルとして成功した訳では決してありませんが、この5年間はすごく私にとってプラスなことだったと思います。

普通の学生とか普通のお仕事をしていれば経験できない貴重なこの体験をさせて頂けて本当に人生の中でかけがえのない時間になったと思います。

私が活動休止中に沢山自分と向き合う時間があって考える時間があって、一から自分の夢に向かって身を固めて進むことを決心しました。

まだまだ未熟者ですがみなさん応援よろしくお願いします。

以上です。

 

 

 

 

ねがいちゃんの未来に幸あれ。

 

それではまた(●´ω`●)